薬のケースと葉
多様な薬と薬のケース
葉の上にある白い錠剤
公開履歴
緑のカプセルと葉と瓶

避妊の方法として、コンドームなど以外で何か対策はないだろうかと辿り着く答えの一つにピルがあります。
周期的に薬を飲み続ける事で、避妊の効果があるのは知られてきた通りです。
それでもいまいち踏み切れない人もいますし、利用者の状態によってはピルの処方がされない場合もあります。

それは、喫煙しているかどうかです。
特に35歳以上で一日に15本以上吸うという場合だと、ピルの処方はできないようになっています。
もしも利用したいと考えているのであれば、喫煙をやめて禁煙も同時に行っていく事になります。
なぜ煙草と相性が悪いのかと言うと、血栓症のリスクを高めてしまうからなのです。
非喫煙者に比べると、150倍以上という大きな数字でリスクが高まってしまいますので、同時に併用はできないのです。

血栓症がどんな病気なのかいまいちイメージが出来ないという女性も多いかもしれませんが、血液の塊が血管内で突然詰まる病気です。
これは脳血管障害や芯血管障害などの様々な障害を引き起こす原因となります。
一日10本以下に減らせばいいというような意見などもあるわけですが、他の病気になってしまう可能性、リスクを自分から選ぶというのはよほどの事がない限りしない方がいいに決まっています。

ピルそのものには避妊効果や副効果として生理周期を整えたり、月経前症候群等の緩和などをしてくれたりもします。
喫煙を続ける事と、避妊効果を求める事、どちらを優先するのかは選ぶ女性次第です。
もしもピルを利用したいと言うのであれば、これを機会に禁煙してしまった方がいいでしょう。
大変かもしれませんが、禁煙する事で健康な体や美肌なども手に入れられるのですから、悪い事はないはずです。